TV

刑事7人(第6シリーズ)2020 見逃した配信/無料視聴まとめ(再放送サイト)

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信2020年/無料視聴再放送サイト

 

2020年8月5日21時からテレビ朝日で『刑事7人 #1/変わる時代に、守るべき笑顔があるー最強の7人が帰ってくる!』が放送されます

 

2020年度ver見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信2020年/無料視聴再放送サイト
 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信2020年 /番組内容

 

2020年夏、最強の7人が帰ってくる!
警視庁の捜査資料を移送するトラックが襲撃された。盗まれたのは「0(ゼロ)A」と呼ばれる解決済みの事件や事件性のない事故の資料…。トラックには、真っ白な塗料で謎の数字が残されていた。そんな中、天樹(東山紀之)ら専従捜査班は、法務大臣の息子の誘拐事件を極秘で捜査することに。しかし現場に残されたランドセルには、トラックと同じ塗料で数字が書かれていて…?

 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信 キャスト

 

天樹悠…東山紀之 海老沢芳樹…田辺誠一 水田環…倉科カナ 野々村拓海…白洲迅 青山新…塚本高史 片桐正敏…吉田鋼太郎 堂本俊太郎…北大路欣也

 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信2020年みどころ

 

お勧めしたいのは田辺誠一さん演じる海老沢主任です。

登場当初は上から目線で全くいい印象はなかったです。

むしろちょっとイラっとする存在でした。

ただ、出世欲が強そうなわりに指示は的外れ、部下からの人望がないのは不憫だなと感じていました。

水田・青山コンビは小馬鹿にしているし、天城さんには相手にされていないのを見ていると少しだけ同情したくなりました。

実際は、秘めた正義感の持ち主で、不器用な努力家であることが分かってからは魅力が増したと思っています。

専従捜査班の正式メンバーになってからは、愛されキャラが定着したのではとこっそりと喜んでいました。

特に水田・青山コンビは海老沢主任のことが大好きすぎると思います。

本人がいなくても、話題に出すだけで楽しそうにしているのをみると懐いているなと感じます。実際、海老沢主任には娘が4人いて、家族が大好きで仲良しぶりも公言しています。

海老沢一家の写真はとても素敵でした。

父親の癒しオーラみたいなのが出ているのかなと推察しています。

水田さんは父親を亡くしているし、青山君は施設育ちだから、惹かれるものがあるのではという気がしています。

2人の、ちょっと頼りない父親の面倒をみてあげているみたいな雰囲気が好きです。

田辺誠一さんのゆるい雰囲気が、上昇志向が強いくせにどこか抜けている海老沢主任の魅力をさらに引き出している気がします。

 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信ストーリー

 

刑事7人といえば、東山紀之さんが演じる物語の中心人物で主人公でもある天樹悠の掴みどころのない性格と犯人を追い詰める時のギャップが大好きでとても魅力的です。

天樹悠は一見、人当たりの良い人物に見えますが、何を考えているのか分からない所もある困った人です。

ですが内に秘めた鋭い分析と推理力で冷静に犯人を追い詰める天樹悠のキャラクターはとても印象的で、ドラマには欠かせない主要人物で目が離せずとても惹きつけられます。

そして刑事7人の中で唯一の女性メンバーで、第1シリーズから参加している水田環さんもとても魅力的で素晴らしいです。

倉科カナさん演じる水田環は、笑顔が素敵で美しく可憐な見た目とは裏腹に、強くて反発心がありタフで勇敢というギャップがとても魅力的で刑事7人の中でも一番好きなキャラクターでとても憧れます。

他にも刑事7人の中でも、少しドジで落ち着きのない野々村拓海の無邪気な性格は、ムードメイカー的な存在で見ていてとても楽しいです。

そして天樹悠の義理の父という難しい立場の法医学者、堂本俊太郎を演じる北大路欣也さんの存在感あふれる役どころも見どころですが、捜査とは別に天樹たちに手料理を振る舞うというギャップが可愛くてとても魅力的な登場人物です。

 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信みんなの感想

 

シーズン6となった「刑事7人」。初回からスペシャル枠なので楽しみです。

大きなメンバーの入れ替えがなく続投なので安心して観れるなぁと思っています。

警視庁内の資料をデータ化することになり、紙ベースのデータを倉庫で一元することになったようですが、そのデータを巡って事件が起きるとか。襲撃した犯人は意外とあっさり捕まるようですが、輸送していたデータ資料のひと箱が盗まれるようなので誰が何の目的に起こした事件なのかが気になります。

データの輸送の日にちや時間は関係者しか知らないと思うので警察内部にも犯罪組織の協力者がいるのかが見所でしょうね。

今シリーズでは狙われた「0(ゼロ)A」と呼ばれる資料にある事案がずっと関わるようなので、犯罪データバンクの天樹が事件の解明をどうやって進めていくかが注目です。「

0(ゼロ)A」のデータは一見データ化が必要なかったり、解決済みの事件のようですが、その事件の裏に隠された何かがあるのでしょうね。

今回は殺人と誘拐事件も起きるようなので捜査専従班たちの活躍を期待しています。

法医学の教授、堂本によると残された遺体からは強い恨みを感じると言われるようなので過去のどんな事件や人物が関わっているのか楽しみです。また現場に謎の数字が残されているようなのでその謎の意味も早く知りたいです。

個人的に俳優としての東山紀之が結構好きなので安定的に見ることができる、というのが意外と気に入っている部分でもあります。

結構好き理由としてあるのが極端に深刻すぎるような世界的な事件とか日本を揺るがす大事件というようなレベルのものではないということが圧倒的に多いのである意味安心して見ていられることができるという感じが好きです。

登場人物の状況と言うか所属などが結構変わったりするということがあるのでそういうところで色々なタイプの話が進められていくというのが結構面白い感じの作り方をしているなあというようなところで感心した覚えがあります。

やはり好きな俳優さんが出てくるということは嬉しい事でありやはり東山さんが私としては出てくるというだけでもこのドラマを見る価値があると思っているくらいです。

刑事ドラマとしては結構面白い方式で行なっているというのも人に視聴をお勧めできるところでもあります。謎を解いていくということもあるのですが、とにかく演技力と臨場感が光るドラマといっても過言ではないのでそうした部分を今後も楽しめると思っています。

 

刑事7人見逃し配信違法サイトは危険な理由まとめ

 

ひとたびクリックすると自分が過去にネットで購入した情報が不正にすべて犯罪者集団にわたってしまう恐れがあります。

例えばネットショッピングをしたときに入力したクレジットカード情報、生年月日、住所が犯罪者組織に流出する可能性があります。

さらに怖いのは、それらの個人情報が不正に使用され自分の知らないところで高額な商品を購入される可能性につながります。

もしくは、個人情報が犯罪者組織間で高値で取引されて一回の不正請求にとどまらず、カードや自分の情報が何度も不正に使用される可能性もあります。

また、私の友人の場合、違法サイトを誘惑に負けてみてしまいました。

そうすると不必要なアプリが自分の知らない間にパソコンにダウンロードされてしまいました。

さらに最悪なのが、そのアプリの画面が常時パソコンの一部に掲載されることです。

画面には女性のハダカがたくさん映っているものです。

自分のパソコンにもかかわらずなかなか画面を削除することができなかったようです。

そのパソコンが家族で使用するパソコンであったので、自分が違法な性的なサイトを見ていることが家族にもばれて非常にきまずい状態になったそうです。自分のプライバシーを守るためにも違法サイトや違法サイトには以上のように十分気を付ける必要があります。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

刑事7人/第6シリーズ/見逃し配信