TV

溺れるナイフ/見逃した配信/動画/無料映画//フル視聴!菅田将暉小松菜奈キスシーン!

溺れるナイフ動画見逃し配信無料映画フル視聴!菅田将暉小松菜奈キスシーン!
 

2020年7月24日23時45分からBSプレミアムで『シネマ「溺れるナイフ」<レターボックスサイズ>』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

溺れるナイフ/動画配信/無料映画//フル視聴
 

溺れるナイフ /番組内容

 

菅田将暉、小松菜奈共演、ジョージ朝倉の人気コミックを映画化したラブストーリー。東京でモデルをしていた15歳の夏芽は、父の故郷の浮雲町に引っ越すことに。刺激的な都会とはまったく違う海辺の田舎町での暮らしに落ち込む夏芽だが、ある日、町一帯を仕切る神主一族の跡取り息子コウに出会う。夏芽は、傲慢で自由なコウに反発しながらも、次第にひかれていく…。女性監督山戸結希が思春期の揺れ動く思いを独特のタッチで描く。

 

溺れるナイフ キャスト

 

小松菜奈,菅田将暉,重岡大毅,上白石萌音,市川実和子,ミッキー・カーチス

 

溺れるナイフ/動画配信/無料映画/視聴者レビュー

 

とても面白そうできゅんとしました。

神主一族の跡取りのコウ役の菅田将暉さんのかっこよさと色気がたまらないです。

金髪がすごく似合っていてときめきました。田舎の方言も自然でたまらないです。

夏芽役の小松菜奈さんは都会からやってきた美少女というイメージにぴったりで、小松菜奈さんは画面に映るだけで華があると思いました。

夏芽に想いを寄せるコウの親友役にジャニーズWESTの重岡大毅さんが出演されているので、重岡大毅さんの演技も見てみたいと思いました

。山も海もたくさん出てきて、この作品の世界観がとても良いなぁと思いました。コウと夏芽は結ばれるのか、ハッピーエンドになるのかとても気になります。

 

溺れるナイフ/動画配信/無料映画/あらすじ

 

ジョージ朝倉氏による少女漫画が原作で、剥き出しの刃物のような青春における10代の自意識をナイフに喩えた作品とのこと。

主人公の望月夏芽は、東京で人気モデルとして活躍していた、非常に垢抜けた境遇の少女でしたが、家庭の都合で父親の故郷である海辺の田舎町浮雲町へ引っ越すことになります。

そこで出会ったのが、町一帯を仕切る神主一族で大地主の跡取り息子、コウこと長谷川航一朗という少年。

傲慢で自由奔放なコウに反発しながらも次第に惹かれてゆく夏芽は、やがて付き合うことになるが……というお話。中学生になったばかりの少年少女の恋と青春を、切なくも美しく描いたラブストーリーとのことで、思春期の揺れ動く想いがどれだけ繊細なタッチで描かれているかに注目したい映画ですね。

また主演を務めている小松菜奈さんと菅田将暉の演技に期待したのはもちろんのことですが、それに加えて注目したいのが主人公とヒロインの友人である大友勝利役を務めるジャニーズWESTの重岡大毅さんと、松永カナ役を務める上白石萌音さんです。

物語において重要な立ち位置を占めるキャラクターと言うこともありますが、それに加えて最近活躍が著しい上白石萌音さんの過去作品という部分も注目しながら見てみたい映画ですね。

 

溺れるナイフ/動画配信/無料映画視聴者の感想

 

—小松菜奈と菅田将暉という人気俳優の共演なので、それだけでも自然と話題になっています。タイトルの「溺れるナイフ」、まさに十代の思春期の危うさを象徴するかのようです。

秀逸です。素晴らしいキャスティングだと思うのですが、人気モデルの美少女を小松菜奈、自由奔放で美しく傍若無人な神主一族の跡取り息子に菅田将暉。

私のなかでは完璧なキャスティングです。特に菅田将暉…端正な顔立ちでカリスマ性と繊細さが感じられます。原作は少女マンガですが、決して甘いだけのストーリーではありません。

どちらかというと、運命の残酷さに見てられない…となるのではないかという気がしています。運命に導かれるかのような完璧な組み合わせのふたりが、夏祭りの夜の事件を境に変わってしまうのだとか。

夏祭りの夜に何があったのか…何となく、予想は出来ます。

私の予想が外れていたらいいなとも思いますが、多分当たっています。マンガではなく映像という点で、よりリアルに感情に迫ってくるものがあります。

15才というと私にはもう遥かに昔の出来事になってしまうのですが、自分が15才の頃にどんな思いだったか少し思い出しながら見てみようと思います。

—この『溺れるナイフ』は少女漫画が原作ということで、登場人物が美しいのですが、実写でもそれを表現で来ていることが凄いと思います。

菅田将暉さん演じる長谷川航一郎の危うさと美しさが共存する姿は菅田将暉さんの演技力の高さがにじみ出ているような気がします。

長谷川航一郎のちょっと傲慢な振る舞いさえも思わず引き込まれそうな怪しい雰囲気に「航一郎ならいいか」と妙に納得させられてしまう不思議な魅力があるところがあると思いますが、そんな少女漫画独特の少年の美しさを見事、菅田将暉さんが表現できていて、この作品で改めて素晴らしい俳優だと感じさせてくれます。

ちょっと若いくて少年らしい菅田将暉を見たい人におすすめな映画だと思います。そして、小松菜奈さんの可愛らしさが画面からにじみ出ているのも、『溺れるナイフ』の魅力の1つだと思います。地味な恰好をしていてもキラリと光るという人がいますが、小松菜奈さん演じる望月夏芽は原作でもそのような感じで、それを見事に表現されているのが凄いと思います。

美しい航一郎と夏芽の姿を美しい自然の中で見るというのが、この映画の良さだと思います

 

 

まとめ

 

菅田将暉さん主演の「溺れるナイフ」とても面白そうだと感じました。

田舎町に引っ越してきたとても美人の夏芽役を小松菜奈さんが演じているので、キャラクターにぴったりだと思いました。

田舎町では浮くほどの美少女という設定なので、小松菜奈さん程ぴったりな若手女優さんは他にいないと思います。小松菜奈さんの息を飲む様な美しさと独特の雰囲気がよく生かされているんじゃないかなと思いました。

相手役の神主一族の跡取り息子役のコウ役を菅田将暉さんが演じていて、金髪の見た目がとてもよく似合ってると思います。

ジャニーズWESTの重岡大毅さんも出演されているので、楽しみです。原作は大人気少女コミックとのことなので、原作も読んでみたいです。

原作ファンですが、菅田将暉と小松菜奈の配役がぴったりです。

二人とも神秘的で、作品の世界観に合っています。

菅田将暉は役作りで痩せていて、普段よりも華奢で少年っぽいです。20代の女性監督の初監督作品ということで、挑戦的な演出が多く、見どころはたくさんあります。映像がとても美しく、シーン毎に切り取っても絵になります。

特に原作でも印象的な主人公二人で海に入るシーンは幻想的で、アーティスティックな映像でした。撮影地の和歌山の海や山の風景も綺麗で、ストーリーのあらけずりでダイナミックな雰囲気とマッチしています。
ストーリー自体は、原作ファン以外には分かりにくいと思います。話の流れよりも、登場人物の感情を追っていくタイプの映画だと思います。

 

違法サイトに注意

違法動画がネットにアップされるにあたっての問題は、その業界が決して予算にあふれているわけではない、ということです。特にアニメは顕著です。

ユーザーの絶対数がまず少ないうえ、その中からグッズやブルーレイにお金を払うのはさらに少数なります。

ほんの一握りの「大好き」が作品全体ならびにその会社、ひいては業界全体を支えています。

その数少ない収入源を違法動画は完全に殺します。

考え方によっては威力業務妨害に該当するのではないでしょうか。

著作権関連だけではなく、そういった方面からも取り締まりを強化するべきだとおもいます。

金銭問題である以上、少なからずデリケートではあると思いますが。

また他人が不快になる書き込みについてですが、「そもそも見なければいいじゃないか」という意見はナンセンスであり、そもそもの問題をはき違えた意見です。

そもそも不快や不安というのは、現実である必要はないのです。

どころか現実でない方がより、悪い意味で強力であることのほうが多いです。

想像に際限はなく、また誰も感知できない以上押しとどめることもできません。

「かもしれない」相手にそう思わせてしまう段階で、すでにその行いは相手を傷つけています。もちろんそれは「そう感じる方が悪い」のであり、法的に罰せることは難しいと思います。しかしそれで人を殺せる事実を、決して勘違いしてはいけないと思います。

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

溺れるナイフ/動画配信/無料映画//フル視聴