TV

不要不急の銀河/見逃し配信(ドラマ)nhkをフルで無料視聴できるサイト

不要不急の銀河/見逃し配信(ドラマ)nhkをフルで無料視聴できるサイト

 

2020年7月23日19時30分からNHK総合で『ドラマ&ドキュメント「不要不急の銀河」』が放送されます

 

見逃した方見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

不要不急の銀河見逃し配信無料視聴/
 

不要不急の銀河 /番組内容

 

自粛の“延長”が叫ばれた5月上旬。スナックを営む家族が岐路に立たされる。父・河原満(リリー・フランキー)と母・秋(夏帆)はスナックを続けるかやめるかで対立し、息子の慧(鈴木福)は彼女と近づきたい思いにかられ…。スナックを始めた八郎(小林勝也)と千代(片桐はいり)の思いは…。スタジオのホームドラマのセットを使って撮影。制限の多い、こんな窮屈な時代、見て切なく、胸がキュンとなるホームドラマ。

 

不要不急の銀河 キャスト

 

リリー・フランキー,夏帆,小林勝也,りり花,茅島みずき,鈴木福,安藤玉恵,梶原善,でんでん,片桐はいり

 

不要不急の銀河見逃し配信みどころ

 

一人一人のキャラクターの設定に沿ってストーリーが作られていると思うので楽しみです。又吉が脚本を書いているということで、コント風にコミカル路線でドラマが作られていくのか、シッカリとストリーを練って最終的に11人の俳優がどのように物語を作り出していくのかというのが気になることです。

ホームページを見た限りではリリーフランキーを始め個性的な俳優さんや子役、鈴木福など多数色々キャラクターの強い俳優陣を取り揃えているドラマとなっているので市長が楽しみです。

特に自分が一番きになるのは片桐はいりさんの河原千代(76)役です。キャスティング上手いなと思いました。俳優陣を見る限りでは一見劇団のコミカル路線のストーリーでドラマが展開されていくのではないかと思っていますがどうなのでしょうか気になるところです。

この時期に僕たちドラマ撮っていて良いんですかね?と言うNHK関係者のリアルな意見がどうファ上にも流れていますが、昨今コロナウィルスの影響で全く楽しみがないい今こそ作って欲しいと思います。

マスクやフェイスシールードを使って気を使いながら撮影されている現場を見るとスタジオも密閉空間なので本当に気を使われるだろうなと感心しています。鈴木福くんが大人になっていてびっくりしました。

—今はドラマの撮影は不可能に近いですよね。

せりふを話すときはどうしても近くにいて話さなければならないし、しかも役者さんがみんなマスクしていたら面白さも半減するでしょう。でも、このドラマはコロナウィルスをテーマにしているので、理解できます。みんなマスクしていてもなんだかそれが自然に見えるのです。

確かに今、夜の街は大変ですよね。私の地元も夜の街に行く人がめっきり減ったしまいました。しかもお昼に外食する人も減っているので今テイクアウトに相当の力を入れています。夜の街で商売している人達にはこのドラマの内容は簡単に理解できると思います。

すべての自由を奪うこのウィルス。撮影に臨んだすべての人達も戦々恐々だったでしょう。

みんな抗体検査を受けて大丈夫だったから撮影に臨めたのでしょうか。

ただ役者さん達にコロナウィルスになった方はいらっしゃらないようなので、このドラマをきっかけに抗体検査で陰性であったら撮影しても良い。

とか規則を決めればドラマも撮影できるのではないかと思います。

ドラマの内容はホームドラマですね。コロナウィルスがテーマですが何となくほのぼのとみられそうです。「不要不急の銀河」今はまさにその通りです。

 

不要不急の銀河ドラマ/見逃し配信ストーリー

 

普通のドラマでは観られないような内容に仕上がっていそうで、楽しみにしています。コロナ渦の中でドラマを制作するということ、凄く大変だと思います。

しかしそれは想像上でしかなく、本来の苦労は現場の人にしかわかりません。

テレビをコメンテーターから事実かどうかわからないことを伝え聞くよりも、制作陣にこうやって表現してもらう方が説得力がありますよね。

それをこういう形で表現してもらえるのは有り難く、自分たちの生活のヒントにもなりそうだなと感じています。

また単なるドキュメンタリー風に終わらず、制作したドラマまでセットなのか嬉しいです。

脚本はあの又吉さんで、しかもオリジナルですから期待しかありません。コロナ渦を忘れるようなパッと明るいドラマを観るのも悪くありませんが、やはりこの現状を受け止めておくのも大事なこと。

その上でコロナ渦に大きな影響を受ける家族の様子には誰もが共感し、様々な想いを描くこととなりそうです。

勿論現実的で辛いシーンもあるでしょうが、それ以上の感動や喜びも同時に得られるんじゃないかなと。

家族の絆を深めてくれることを予感して、一家揃って観られたらなと思っています。
役者さんも良いですよね。素朴だけれど演技の上手いかたばかり。

 

不要不急の銀河みんなの感想

 

今だからこそのドラマ

コロナ渦でのドラマの撮影はどんなことに気をつけて、どうやって進められているのか。
そこを見せてしまおうというのが興味深いですよね。
しかも放送順が、メイキングの様子が先で次がドラマというのもポイントですよね。

気を付けることも多くて時間もかかる。集中力なども散らかってしまいそうですが、そこは数々の現場を経験したプロというのを見せつけてくれるかも。
もちろんベテランでもこんな撮影はこれまで経験したことはないでしょうけど。

このシーンはあんな苦労があって撮れたんだなぁとか、あんなことに気を付けながら演じてるのだろうなと分かって、より現場と演者のことが分かって違う見方もできますよね。

2020年は「不要不急」という言葉について、誰もが考えることになったでしょうね。
ロックダウンになった国もありますし、日本でも緊急事態宣言、そして不要不急の外出を控えるように国が国民に呼び掛け。

ドラマでもそんな状況の中で悩む家族の様子が描かれているんですね。

又吉直樹さんがどのようにコロナ渦の人の心を書いたのでしょうか。

仕事も思うようにいかず、夫婦喧嘩になりギスギスする家族。彼女に会えず切ない思いを抱える息子。

登場人物の境遇や気持ち、自分と重なるという人は多い気がしますね。

 

まとめ

 

—ウィズコロナが盛んに言われていますが、やはりどうしても報道されるコロナ感染の数には一喜一憂してしまう自分がいます。

そんな中本当にテレビの製作は大変だと思います。

みんなが集まって、一つのものを制作していく、その場で最高の演技が出来るように役者も準備してくるのは当然。しかしながら、密を避けながら撮影していくのってどうやるの?と正直興味があります。そこで今回出てきたNHK不要不急の銀河。

まさにコロナ渦をテーマに、そしてコロナによって経済的に大きな影響を受けている、飲食店、夜の街をテーマに書かれているのがとても興味深いです。

食べに行くこと、飲みに行くこと。それはある種個人の楽しみであり、不要不急かといわれると、答えに困ります。

しかしお腹を満たし娯楽を求める…それは本来人間の本能にもあたるのではないでしょうか。

そんな点にも注目しながら、私はこのNHK不要不急の銀河を見ていきたいなと思っていますね。

コロナをどうとらえるか?どのように一緒に生きていくのか?また自分たちの将来は?これから先の運命は?そんな答えが、このドラマの中に隠されているのかなと思って楽しみにしています。

ドラマが生まれるまでのドキュメントと、その結晶であるホームドラマの二部構成だそうです。

又吉直樹さんが脚本を手掛けたこのドラマ、彼が今伝えたいこととは何なのでしょうか。まずはドラマがどのようにして生まれるのか、その制作現場をドキュメントで届けてくれるようです。

私達がいつも楽しんで観ているドラマは、どんな風に作られているのか気になりますよね。ホームドラマのセットを使って、今最も撮影が難しい家族一緒のシーンに挑んだそうです。制限が多い中で様々な苦労や、努力を重ね作られたドラマはどんな内容なのでしょうか。

お話は自粛の延長が叫ばれた5月下旬、岐路に立たされた家族を描きます。父と母は営んでいるスナックを続けるか、やめるかで揉めていました。実際にこの時期、仕事をどうするのか悩んだ人も多いと思います。

この夫婦なら、どんな決断をするのでしょうか。そして息子は、彼女に会えないことに悩んでいるようです

。彼のように自由に人と会えない経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

彼は彼女に会うのか、それとも会わない選択をするのか、見守りたいです。演じるのはリリーフランキーさん、夏帆さん、鈴木福さんなど、魅力的な方ばかりなので期待しています。

安藤玉恵さん演じる謎の女性が、どんな役なのかも見所です。今だからこそ、このドラマを観て家族とは何なのか、考えてみたいと思います。

 
不要不急の銀河ドラマpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

不要不急の銀河見逃したテレビドラマを見る方法